スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.17 Tuesday | - | - | -

「ソクラテスの時代から、裁判が正しかったことなんてない」

DVC00006.jpg
朝日の差し込む部屋で電気を点けて、新聞を読むあの人でした。

DVC00009.jpg
わたくしは眼をそらしながら、空を見ております。
書きたいことも会いたい人も、あまり居ません。
でもそれは別にどうってことないです。

「世界の三分の一は、お群でできている」
とあの人が言います。
お群とは、わたしのことです。

残りの三分の二は?
「お群でないものと、お群かも知れないものでできている」

微笑みます。同じ速度で汗をかきます。冷蔵庫の中に牛乳が冷えています。

昨日のカレーは既に饐えてしまいました。

食べるものがあまりありません。お酒が飲みたい。お金がありません。
水道水を焼酎だと思って呑んでいます。
焼酎は余計な味がせず、すぐに酔えるので好きです。
前後不覚になることが好きです。
この世界に、一秒でも長く居たくないのかもしれません。

「言葉なんてすべてフィクションだ」
とあの人が言います。
胸に蚊がへばりついて血を吸っています。

換気扇の音が雨のように、わたしたちを通り過ぎました。
DVC00004.jpg
2008.07.28 Monday 22:14 | 千切りとっちゃえよ、そのメモ用紙。 | comments(0) | -

誤解してるんだ、みんな。


こんばんは、吉田です。なんとかがんばっていこうと思ってます。
え、何を?何をだろうね。全てをじゃないかな。全てって言うと漠然としてしまうのであれば、生活を、と言い換えることもできます。
生活をがんばる。最低限度の文化的な生活を営めるようにがんばる。
がんばるところなのかどうかは不明ですが、いいじゃない。がんばっちゃえばいいじゃない。
ところで最低限度の文化的な生活ってどんな生活なんでしょうか。
うん、そうだよ。そこからだよ。始まりはいつだってゼロからだよ。


現在、複数の詩関係の企画にお誘いを戴いてはおりますが、書ける自信は皆無です。何がよくてわたしが誘われるのかよく解りません。無害だからか、無難だからか、そのどちらかではないかと。
わたしはお前を信用なんかしてないぞ、吉田群青のこんこんちきめ。
お誘いを戴いたときに書ける確証は無いとかそういった類のことを言ってはいるのですが、それでもよろしい、と皆さん返答して下さる。有り難い。ありがたイーサン・ホーク。
あ、勿論、努力はしますよ。だけどね。
どうなっても知らねえぞ。って自信なさげに笑ってます。今現在は。


今一番欲しいものは、妻です。妻、もしくはセコンド。
ぐっちゃぐちゃになって帰宅したときに蒸しタオルを渡して欲しい。
「ティファニーで朝食を」のホリー・ゴライトリーも言ってたけど、女なんてみんな多少はレズビアンなんですよ。おそらくね。


今日は久しぶりにお酒を飲みます。わくわくさんです。いや、わたしの体型から言うとゴロリか。


ワンピースを買いました。あ、ワンピースって言ってもあれじゃないよ、海賊の漫画じゃないよ。あれ、わたし、読むのやめちゃったし。あの、エネルの辺りから。アレ?エネルってなんかエミネムに似てない?と思ったのが最後。
さてワンピースですが、きりんの柄です。
きりん
アニマルですよ、アニマル。アニマル柄に惹かれるのです。わたしが動物だからでしょうか。野生の血が騒ぐのでありましょうか。
それにしても、服なんて買うの何ヶ月ぶりだろうか。と遠い眼をして夕陽をながむる。夕陽にはクラッシックがよく似合う。
と思っていたら、背後よりギャルにぶつかられて、反射的に謝ってしまいました。
わたし、悪くないのに。



2007.03.17 Saturday 19:46 | 千切りとっちゃえよ、そのメモ用紙。 | comments(4) | -

態とらしい空の色も

風景

ふう。
いま家のパスコン(茨城弁)を駆使して、日本文学館に寄稿する詩を書いていたところなんですが、何らかの手違いにより全部消えました。
これはね、おそらくね、アレですよ。呪い。
誰?本当にもう。呪わないでよねっ。びっくりするから。

ところでわたしは、十字架のペンダントヘッドを持っているんですが、最近、売りたくなってきました。何故なら付けないから。
何故付けないかと言うと、キリスト教徒じゃないから。
だって十字架って、キリスト教ではもう象徴的なものになってるじゃないですか。
それをおいそれと首に巻くのには些か抵抗があります。
何故ならうちは曹洞宗だからね。
ってことをこないだ友達にとつとつと話したら、「変な人だなー(笑)っつか普通そんなこと考えないから!」って言われましたよ。
え・・・。そんな断定されてもこっちだって困るから!

でも・・・そうした類の事をみんな考えないんですか?ただデザインがクールってだけであんな宗教色の強いものを身に付けられるの?ファッションて、そんななの?
だって云うなれば丑の刻参りベリークールとか云って、欧米人がわら人形を愛好し始めるようなものじゃない。首に下げちゃってさ。五寸釘とセットでさ。
・・・。
それはちょっと違うか。あるもんね、似たようなのが。ボージョボー人形、ね。
まあ・・・そんなことはどうでもいいや。

消えてしまった寄稿用の詩を、また打ち直すのが面倒くさいです。三割くらいはもう忘れちゃったし。これが生みの苦しみってやつかよ(たぶんちがう)。

ふるるる。そろそろ本腰をいれて仕事探しに取り掛かり中です。
印刷会社とかいいかなーと思ったけど、キャリアマトリックス(国が開発した職業検索用データベース)で調べてみたら、そんなよくなかった。やりたいこととズレまくりでした。
こういう我儘をゆってるから何時まで経っても無職の侭なんですよ。「就職支援センターのこと」なんつう詩まで書いちゃうんですよ。何だよあの詩。詩じゃないよもう。日記だろうよ。全く。
どうやら自省と自己分析が必要なようです。
あーあ。アウトローに生きたいなあ。


2007.01.04 Thursday 18:27 | 千切りとっちゃえよ、そのメモ用紙。 | comments(3) | -

Sponsored Links